team kudohは現役の行政書士、税理士、社労士、FP、証券アナリストで構築しておりますので当然メンバーのところにも、日々助成金の相談が舞い込みます。

そして、締切があまりにも直近の場合は、心苦しくも次のようなことをお伝えする場合もあります。

 「助成金は、締切直前は事務局が込み合う関係上、本来は余裕をもった申請をお勧めしておりますが、いかがなさいますか?」

それでもぜひ、という場合には申請のお手伝いをさせて頂く場合があります。そんな中で、次のようなお言葉を頂くことがあります。

 

「今回、助成金の申請のために再度事業計画を見直してみて、非常に勉強になりました」


これはどういうことなのでしょうか?

お客様にお聞きしたところ、次のようなことをおっしゃっておられました。


「大企業ならいざ知らず、中小企業の場合、どうしても事業に関する視点が偏ったりしてしまいます。今回一緒に事業計画を見直していただき、第三者の専門家の眼で質問などを頂くことで、事業の見直しが出来ました」


助成金を申請するということだけでも、そんな副産物があるのですね。


応募要項に目を通し、応募要件を満たしているか、申請には何が必要なのか、どうすれば通るのかを考える。

たとえ締切が間近で作業が大変だとしても、実際に応募してやるぞ!という気概で応募要項を読むのか、ただ漫然と読むのかでは、やはり違いが出てくると思うのです。


無料会員サービスの中で期限の迫った助成金を閲覧可能にしているわけはここにあります。


間に合いそうであればぜひ応募頂きたいですし、実際に応募できるかもしれない、というリアル感で応募要項を閲覧することでたくさんのヒントを見つけて頂きたいのです。